<< 表現者の流儀 #197 石内都 | main | 表現者の流儀 #199 CHARA >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫 http://sweetsbunko.jp/

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

表現者の流儀 #198 若竹千佐子

若竹千佐子(わかたけちさこ 1954年‐)

専業主婦、小説家

 

処女小説『おらおらでひとりいぐも』で、第54回文藝賞を歴代最年長で受賞。

 

 

子どもの頃から小説を書くと思っていた。

テーマが見つかるのに63年という時間が必要だった。

小説の神様は気長に待ってくれた。

焦らず、手応えのある言葉で書いていきたい。

心の探索と社会への目線を忘れず、小説、なまけないで頑張ります。

 

(『ブック・アサヒ・コム』より)

ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫 http://sweetsbunko.jp/

at 00:37, maricro15, -

-, -, - -

スポンサーサイト

ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫 http://sweetsbunko.jp/

at 00:37, スポンサードリンク, -

-, -, - -