<< 表現者の流儀 #193 宇多田ヒカル | main | 表現者の流儀 #195 一青窈 >>

表現者の流儀 #194 宇多田ヒカル

宇多田ヒカル(うただひかる 1983119日‐)

シンガーソングライター

 

 

(子供の頃は)あんまり積極的に歌を身につけようとか、覚えようとかっていう意識はなかったですね。

私がただ覚えてるのは、(11歳くらいの時に)「自分で作ってみたら」って言われて、「わかった」って言って、じゃあどうしたら曲って作れるんだろうってとこから考えて。

自分がただ好きで聴いていた、その時に聴いてた曲を2、3曲聴いて、まず構成から、「あっ、なるほど、イントロが8小節だな。で、まずメロディのパターンがひとつ、これAメロってやつか」って感じで。

 

 

なんか、言い切るって結局、否定なんですよね、そうじゃないものを否定してるじゃないですか、たぶんそれがすごく嫌で。

否定も肯定もしないっていうとこ目指して、人と接する時も、自分の考えをまとめる時とか、まぁ作詞する時とか、それ私はすごく大事です。

 

 

私もバス、すごい好きですね。

景色が流れていってる状態って、すごく作詞とかしやすいんですよね。

「よし、じゃあ仕事しよう!」って思ったらバスに乗ったりするんですよね。

タクシーとか乗っちゃったら高いじゃないですか、乗り回したら。

でも、一番は歩くのが好きです。

歩ける距離なら歩いちゃいます。

歩くっていうのが一番、アイデア出てきます。

 

 

テレビとか、周りで会う人とか、お店の店員さんとの会話とか、日常的にものすごい量の言葉にさらされるじゃないですか、東京にいたら日本語すごくいっぱい聞くし、見るし。

で、そのほとんどがあまり…あんまり意味のないものだったり、ほんと、コミュニケーションツールみたいな。

そういうのが全部なくなって、たぶん唯一入ってくる日本語が小説とか、時代的に全然ずれてるような過去の作品とかばっかり読んでたんで。

「久しぶりに、日本語の何か読みたい」と思って、パッて読んだのがそれで、すごく刺激的だったんですね、「あっ、日本語ってこんなに美しいんだ」とか。

それはでも前からわかってたけど、なんか忘れてたとか。

こういう方向を目指したいというか、目指さなきゃ意味ないって思って、「揺れる若葉に手を伸ばし」とか、ちょっと和を感じるような、大和言葉みたいな、そういう方向に行きたいなって思いましたね。

 

(フジテレビ『Love music』より)

 

ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫 http://sweetsbunko.jp/

at 21:05, maricro15, -

-, -, - -

スポンサーサイト

ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫 http://sweetsbunko.jp/

at 21:05, スポンサードリンク, -

-, -, - -