<< 表現者の流儀 #189 ジャック・ブルース | main | 表現者の流儀 #191 西川美和 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫 http://sweetsbunko.jp/

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

表現者の流儀 #190 太原雪斎

太原雪斎(たいげんせっさい 1496年‐15551123日)

戦国時代の武将、臨済宗の禅僧

 

今川家の家臣として、今川義元の少年時代に教育係を務め、その才能を見出す。

後に義元が第11代当主になると、これを補佐して内政、外交、軍事で手腕を発揮し、今川家の全盛期を築き上げた。

 

幼い頃、禅寺で修行していた今川義元に対し、戦国大名になるために諭した言葉。

 

 

おのれの才、たかが知れたものと観じきってしまえば、無限に外の知恵というものが入ってくるものだ。

 

NHK『知恵泉』より)

ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫 http://sweetsbunko.jp/

at 00:06, maricro15, -

-, -, - -

スポンサーサイト

ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫 http://sweetsbunko.jp/

at 00:06, スポンサードリンク, -

-, -, - -